所詮は底辺の人間

妻と喧嘩した。


お互い似た性格のためだろう

同じところでぶつかり、引かない。

真っ向勝負だ。

俺から言わせてもらえば極力は理論でぶつかるようにしているつもりだが、

妻は感情論でしかない。

女は生理や妊娠出産等の性モルモンバランスの崩れが原因で感情が不安定になると解明されているし、そうなんだろうな、とは思う。

ここでいう「思う」とは「理解している」とは別物だ。
経験できないものだから。

よくその手のネットでも話題になるが、男に「理解してほしい」の女の意見は上記の理由によってそもそも成り立たないのであって、更にいえばそれで以って感情的爆発をしても構わない理由にもならないだろう。

もちろん、男側も配慮の努力はすべきだが、配慮することが当然だと女から押し付けるのは如何なものかと思うのだが。

 

俺は俺のことを「理屈っぽい奴だな」と言う奴らの事は

逆に「足りねー奴だな」とアタマの中で言い返している。

俺は世間一般的に見ればメンドクサイ奴なんだ、きっと。

 

 

今はちょうどお盆時、妻の実家に帰省している。

自分の実家は訳があって後日顔を出す程度にする。

実家に帰る、という考えは毛頭無い。

 

まさか妻の実家で義両親の前で妻に嫌気がさして夜に飛び出るなんて自分でも思っていなかった。
俺も結局は感情的になってしまった。

車も無い。自転車も無い。

無意識に財布とスマホは持ち出したが、タクシーに乗る気もない。

 

アタマが冷えるまで

地元の夜道を一人でひたすら歩いた。


ここは昔働いた会社の通勤ルートだった。

去年帰省したとき仲間とここで飲んだな。

ここはよく遊んだ友人の実家、もう真っ暗だが友人のかっこいい車がボディカバーを纏っているのが見えたからあいつはまだ愛車を大事に乗り続けているのだろう。

高校の通校ルート。

放課後に隠れて煙草を吸った神社の境内。

今でも蛙と鈴虫の歌謡合戦がしつこい遊歩道。

立地の悪いTSUTAYAはとうとう潰れた。

そしてダメ押しで隣にできたコンビニ。

渋滞回避に使える信号機の無い生活道路。

転げそうになるくらい急な坂。

街灯がひとつ、その先の暗闇のその先の街灯。

古い踏切、雪が積もる季節の通学手段だった電車。

初めて出来た彼女の母校。

古い商店。

そして、俺の実家。

 

なんてことだ。

20km歩いていた。

スマホを見ると時計はあれから3時間も経とうとしていた。


実家に来たはいいが、そもそも実家が原因で俺は家を出たのだ。

泊まるわけにもいかない。家を目の前にしてまた歩き始めた。

だが時刻は0時をまわっている。

どこへ行くか?

どこまで歩くか?

どこまで歩けるか?

この無駄な根性ゲーム。

ようやくどうしようもない事をしている自分に気がついたが、寝泊りする場所なんて無い。

幸いなことに帰省どきもあって財布の中には金はある。

ホームレスごっこはしてくてすむ。

 

そして、この文章はネットカフェの個室から書いている。

朝のワイドショーが面白い。

既に朝になっているが、外はあいにくの、いや今の俺にちょうどいい雨模様だ。

辛うじて充電残量を保っているスマホには妻からの着信履歴に、兄からの着信履歴。

妻の実家と、兄夫婦と、どうやら早朝から騒ぎになってそうだ。

 

経過はどうあっても結果がこのざま。

自分が起こした事。

妻のために帰るつもりはないのだが、まだ5ヶ月の息子のために帰らないと。

妻の両親に合わせる顔がないがどうしようもない。

 

本当に、理屈っぽいクズな人間だ。

飛び降りる勇気も無い。